のびのびなHaskell日記

2006-06-11

ふつうのHaskellプログラミング

まずは自己紹介から。はじめましてid:NobiNobiKotaと申します。

一週間前ぐらい前に「ふつうのHaskellプログラミング」を購入したのでHaskell日記を始めてみたいと思います。Haskellに関しては全くの初心者ですし(他の言語初心者レベル)、毎日更新は出来ませんが宜しくお願い致しますm(__)m

全くの余談ですが昨日参加したRuby会議の懇親会で著者の青木さんに、持参したフツケル本へサインして頂きました\(^o^)/青木さん、サインありがとうございました(大感謝)&自己紹介もせずにサインを求めてしまって済みませんでした(汗)

フツケル 84頁の写経

フツケル84頁に以下のようなコードが出てきます。

import System
main = do args <- getArgs
          putStrLn $ unwords args

このimportというのを見て、importの行を削除し、System.getArgsのように(Javaインポート宣言を省略して、java.util.Dateとするように)変更して、以下のコードがコンパイル出来るかなと試してみました。

main = do args <- System.getArgs
          putStrLn $ unwords args

結果はコンパイル失敗でした(^_^;)

echo.hs:2:18: Not in scope: `System.getArgs'

因みにimport宣言のところを生かした以下のコードはコンパイルは通ります。

import System
main = do args <- System.getArgs
          putStrLn $ unwords args

友人とunwords関数で遊んでみる

先ほど友人とYahooチャットを使ってunwords関数で遊んでみた時のチャットログです。こんなの掲載してどうするんだって(汗)

因みにKは私、Xは友人

K: unwords関数で遊んで見ましょう
X: はい。
K: 関数で遊ぶ時は、ghciを起動して遊びます
X: そうなんだ。
K: ですです
K: 例えば、ghciを起動するでしょ
K: で
K: unwords ["I","Love","Java"]と心の中の気持ちをコンソールにぶつけてください(w
X: やりました。通じたようです。
K: Javaへの愛が通じて良かったです(笑)
X: まだ、残っていたようです。
K: Javaへの愛を時折思い出すためにも、定期的にghciを起動してunwords ["I","Love","Java"]を実行してください(笑
X: そうします。いいのかな、こんなんで。
K: いいんです!
トラックバック - http://haskell.g.hatena.ne.jp/NobiNobiKota/20060611