星野正利のHaskell日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

 | 

2006-06-17フツケル独書会第1回議事録

P.32 「<-」 P.32 「<-」 - 星野正利のHaskell日記 を含むブックマーク

変数 <- 値

で、変数”を”値に束縛(bind)


これって、Java

final 変数 = 値;

と同じ?


あ、遅延評価だから、その変数が使われなければ、

変数を束縛した値を、計算しなくても済むのか。

変数に束縛された値、と書きそうになってしまった。

値が変数を束縛する。って言い方に慣れるには時間がかかりそう)

 |