to2yの日記

 | 

2006-06-06「ふつける」勉強会2章レジュメ(完了)

head.hs

head.hsをghciで対話的に動かしてみる。

補足:標準入力の処理がどうなるかを実験するのが目的

Ok, modules loaded: Main.
 *Main> main
1
1
2
2
3
3
...省略...
8
8
9
9
10
10
 *Main>

入力するたびに入力行が表示され、10回表示した後に処理が終了

遅延評価のせい?

at 勉強

http://www.fobj.com/hisa/diary/20060604.html#p02を参照

sshisshi2006/06/07 21:26恒等関数はまんま id ってのがあるよ。
これくらいの長さのコードだと(超範囲外だけど)、関数合成の多用であるポイントフリースタイル(p.209)とdo式の書き換え(p.278)を使うとものすごく短くなるよ。
#手探りでコメントつけてみた

sshisshi2006/06/12 00:59補足。GUIの話「なんだかそういうのがあるらしい」という話を耳にしただけで、haskellで実際そう使えるGUIライブラリがあるかどうかは知らない。で、今思いだしたけどConcurrent Cleanの標準GUIライブラリにはそういう説明が書いてあった。

wangGMSwangGMS2006/06/13 00:34mainの型についてはP254に書いてあったね。IO a。

 |