to2yの日記

 | 

2006-07-09「ふつける」勉強会5章レジュメ

遅延評価の利点と欠点

  • 不要な計算を減らせる
  • 無限の長さのリストが扱える。

最終評価に必要な部分しか評価しないので、全体が無限長であっても問題ない

  • インターフェイスを統一できる。

本文と題目があっていないような・・・

あるデータ構造から他のデータ構造への変換を、コストを気にせず気軽に出来る。

(そして、最終的にはリスト形式に落とせるのでうれし <- 本当か?)

 |